会場写真1

加熱用コンベヤ、パンを焼く図
ディムコは、2008年5月27日~30日まで東京ビックサイトで開催されました国際食品工業展FOOMA JAPAN 2008に出展いたしました。

ブースには4日間を通じ1300人の方々がお立ち寄り下さり、『高温加熱用ステンレスベルトコンベヤ』、『新コンさん』を興味深く見て頂きました。
お立ち寄り頂いた方には厚くお礼申し上げます。

しかし、せっかく来て頂いたにもかかわらず、説明員不足で十分にご説明できず、あきらめてお帰りになられた方、又、お忙しく、ブースにお立ち寄りできず名刺の交換で終わられた方々には大変申し訳ございませんでした。

ここに改めて、展示商品の説明をさせて頂きます。
尚、会場でお客様からご質問がでた内容も掲載いたしましたのでこちらもご覧下さい。


製品紹介ビデオ

出展商品のご案内

高温加熱用ステンレスベルトコンベヤ(EPC:蛇行防止制御装置付き)

加熱用コンベヤ、パンを焼く図 ヒータ炉をベルト上部に設け、ベルトを直接加熱しています。ベルト素材は耐熱ステンレス鋼で、それをエンドレスにしています。蛇行防止制御装置付き加熱用コンベヤとして展示いたしました。

ベルト表面温度は350℃まで加熱できます。
高温になるほど若干の歪がベルトに発生しますが、EPC(蛇行防止制御装置)が付いていますので、片寄り、逸脱することはありません。
エッジも擦れることはありません。



食品搬送コンベヤ『新コンさん』

新コンさん ベルトもフレームもステンレスです。
展示会場では、ステンレスベルトが受け板のように見えてしまい、ベルトとして確認することは大変難しかったようでした。今後の参考とさせていただきます。

エンドレスベルト部の拡大写真をここに載せましたのでご覧下さい。
ステンレスベルトですので、洗浄も簡単です。何よりベルトエッジのほつれも無く、表面にカビなども繁殖しません。


EPC(蛇行防止制御装置)

EPC(蛇行防止制御装置) 高温コンベヤ、幅の広いベルト、スパンが長いコンベヤ、ベルトが熱などにより伸びたりするコンベヤではEPCが必須です。
ベルトの蛇行、片寄りをなくし安定した走行ができます。

現在モータ式とエアー式があります。高温下、あるいは高温物搬送としてご使用のコンベヤではテンションストロークの長いエアー式が、常温域では安価なモータ式があります。展示会場ではモータ式の展示をしていませんでした。


導入実績例

納入実績例 食品搬送で今までに導入して頂いたお客様の実績例です。

このほかにもまだありますが、お客様のご都合で載せられません。


その他のコンベヤ

レギュラーコンベヤシリーズ

レギュラーコンベヤシリーズ アルミ押し出しフレーム使用のコンベヤです。このタイプは展示会に出展していませんが、どうぞご覧になってください。
特に水洗いなどの洗浄を必要としないところでご利用いただいています。


Homepage Renewal Center