技術情報

1.スチールベルトの機械的性質(ステンレス鋼)

スチールベルトの機械的性質

スチールベルトの機械的性質

その他の型式 D1574 DA1774

DR188Sの疲労強度

2.スチールベルトとプーリの計画

(1)厚さ選定の目安 (板厚と幅の関係により製作できないこともあります)

  • 0.04~0.1t 動力伝達(幅10~40)
  • 0.08~0.2t 軽搬送用(幅10~50)
  • 0.1~0.5t 軽搬送用(幅10~500)
  • 0.6~1.2t 重搬送用(幅200~1500)

(2)プーリの大きさ

スチールベルトの厚さと最小プーリ径の関係

上のグラフは搬送用です。
プーリ径Dは

  •  D=ベルト厚さt×400倍以上(DR タイプ)
  •  D=ベルト厚さt×700倍以上(DWタイプ)

動力伝達用のプーリ径Dは

  •  D=ベルト厚さt×400倍以上 (DRタイプ、DOタイプ)

で設計されています。 動力伝達に使用するベルトの応力計算または、搬送装置の計画はお問い合わせシートをご利用ください。

詳細に検討し、回答いたします。 お問い合わせシートがない場合はご請求ください。

 

(3)蛇行防止方法

(1)クラウン方式

プーリにクラウンを施して蛇行を防止しています。

クラウン方式 クラウン方式
(2)Vガイド方式

Vガイド(ゴム)をベルト裏面に取り付けてあります。

Vガイド方式

3.テンション機構

(1)動力伝達

片側のプーリを両持ち構造でテンションをかけます。 軸間固定でテンショナーを入れる場合は(b)となります。
(c)は特殊な場合を除き逆曲げのため使用しません。

動力伝達

(2)搬送

搬送 従動プーリ軸を左右ボルトによって引く構造とします。
大型の場合は市販されているユニットを利用します。

4.DRタイプスチールベルトが仕上がるまで

■エンドレスベルト DRタイプ

DRタイプスチールベルトが仕上がるまで

裁断後、長さ1/2、厚さ2倍の素材を溶接してエンドレスにします。
全体を熱処理し、溶接部も組織を母材と同じにします。
リング圧延機にて厚さを1/2まで圧延します(右図)。
周長は2倍になり、仕上がります。
圧延