エアロールから弾性冷却ロールについて



—ディムコ公式ホームページ—


エアロールから弾性冷却ロールについて


メタルスリーブのディムコ、営業部開発グループの竹村です。

エアロールはほぼ20年前に開発されたローラーで、円筒状の金属スリーブの内径側に空気圧を保持することにより、金属ロールでありながらゴムロールの弾性を有したものとして使われました。


チラーを使用しての「剛体冷却ロール(手前)」と「弾性冷却ロール」の特性比較実験の状況


しかしながら、樹脂フィルムなどシート状の製品を製造する工程では、その要求される特性が高難度化しています。ディムコは金属ロール内径側にエアロール特性を残し、その内径に適切な硬さに設定されたゴムロールを設置することにより、希望とする製品を作成することができるロールとしました。
さらに、現在市場にでている剛体ロールは肉厚が7~8mmと厚いことに比し、弾性冷却ロールは0.2~0.3mmと板厚が極薄で熱伝達の効率が良く、ロールとの接触面も広いことより、冷却特性を良くすることができ、さらに製造ラインの短縮が期待できます。

詳しい内容をお聞きしたい方は、フリーダイヤル0120-346-353があります。あるいは各種のお問い合わせ方法がありますのでぜひご利用下さい。

おすすめ関連記事
ディムコの新着情報

株式会社ディムコ 横浜市磯子区磯子3-3-21江戸徳ビル TEL:045-352-7888 FAX:045-752-1717
主な商品:スチールベルト 金属ベルト スチールベルトコンベヤ 
ステンレスベルトコンベヤ 食品搬送コンベヤ メタルスリーブ 精密位置決め搬送コンベヤ 高張力ステンレス鋼ベルト
主な用途:クリーンルーム内搬送 電子部品搬送 食品直載せ搬送 動力伝達

スチールベルトのディムコ公式ホームページ
http://www.dymco.co.jp/


スチールベルトのディムコ公式英文ホームページ
http://www.steelbelt.jp/



ブログアーカイブ

ブログカテゴリー