メタルスリーブ(金属チューブ)の種類 その2



—ディムコのスチールベルトブログ—


こんにちは。メタルスリーブのディムコ、事業開発室の富岡です。

前回、「フローフォーミングタイプ」のメタルスリーブについてご紹介致しましたので、
今回は、メタルスリーブの3種類のうち、2種類目の「エレクトロフォーミングタイプ」のメタルスリーブについて簡単にご紹介致します。


「エレクトロフォーミングタイプ」は、電気鋳造法で製作するメタルスリーブです。
直径、板厚、長さの組み合わせによって違ってきますが、材質はNiで、最大直径はφ500、厚みは0.1t~0.5t、最大長さは2000Lまで、継ぎ目のないシームレスな円筒状のパイプを製作することが可能です。
ディムコのメタルスリーブの中で一番、円筒度の良いものです。
表面状態は、下記写真のように滑らかで、光沢があります。


このタイプのメタルスリーブも、表面コーティング、孔開け、鏡面仕上げ、ブラスト等様々な加工をすることにより各種の用途に対応させることができます。

メタルスリーブ(金属チューブ)の試作品及び、御見積は1本からでも承ります。
また、ディムコの製品に関するご相談、ご質問の方は、お問い合せフォーム、または、お電話、FAXにてお気軽にお問い合わせください。


▲超薄肉メタルスリーブ(金属チューブ)


おすすめ関連記事
ディムコの新着情報 http://www.dymco.co.jp/new/

ブログアーカイブ

ブログカテゴリー