連続して平らな面が出てきて検査ができる動く定盤のようなコンベヤ

スチールベルトのディムコ、技術開発担当の深谷です。

ここ横浜も暖かくなり、街にはハナミズキの淡いピンクの花が咲き始めて、いよいよ新緑の季節になろうとしています。

さて今回は、さまざまな分野でご利用いただいておりますディムコの『吸引吸着スチールベルトコンベヤ』についてご紹介致します。

本装置は小さな孔(貫通孔)を多数開けたスチールベルトを使用したコンベヤです。この多数の孔から空気を吸引することで、搬送物をスチールベルトに密着固定し搬送するものです。
平滑で硬いスチールベルト(ステンレス製)を使用しているため、搬送する紙や樹脂フィルム、金属箔、各種シート類、立体部品等を安定してスチールベルトに固定し搬送させることができます。いわば「連続に動く定盤」のようなコンベヤです。
また吸着させることにより、搬送物をベルトにぶら下げて運ぶことも可能です。

この為、部品類の検査や紙・シート類への印字、フィルムの加工など、多方面への応用が考えられます。
詳しくはディムコホームページの『吸引吸着スチールベルトコンベヤ』をご覧下さい 。


スチールベルト吸引・吸着コンベヤによる高速印刷


またディムコでは、社内デモ機を用いて実際に試験を行うことも可能です。
ご興味のある方は、フリーダイヤル0120-346-353または資料請求・お問い合わせがある各種のお問合わせ方法の中からお選びの上ご連絡下さい。
お客様のご用途に応じて、装置仕様などをご相談させていただきます。

ブログアーカイブ

ブログカテゴリー