面接触で熱伝達 ディムコの冷却ロール

スチールベルトのディムコ、研究部の桑原です。1都3県に対する緊急事態宣言が解除されリバウンドが懸念されますが、3密を避けるライフスタイルで何とか乗り切っていきたいものです。さて、ディムコの『冷却ロール』につきまして続報です。本製品は外側が継ぎ目の無い薄肉電鋳スリー

ディムコの金属弾性ロール、「温調タイプ」エアロールの紹介

こんにちは、エアロール(金属弾性ロール)のディムコ、富岡です。ディムコの主力製品といえば、ステンレス製のスチールベルトコンベヤ・スチールベルトですが、私たちディムコ開発室では、超薄肉金属スリーブの新たな用途として樹脂フィルム・シートを成形する工程で使用する弾性ロール(エア

面接触で熱伝達 ディムコの冷却ロール

スチールベルトのディムコ、研究部の桑原です。新型コロナウイルスと共存するライフスタイルが定着しつつあるようです。GoToトラベル、GoToイートなど明るい世の中に戻りつつあるのは確かなようですが、設計屋の仕事は在宅でこなせる場合は良しとして、打合せが入ってくるとパソコン画

ディムコの金属弾性ロール、「エア弾性タイプ」エアロールの紹介

こんにちは、エアロール(金属弾性ロール)のディムコ、富岡です。ディムコの主力製品といえば、ステンレス製のスチールベルトコンベヤ・スチールベルトですが、私たちディムコ開発室では、超薄肉金属スリーブの新たな用途として樹脂フィルム・シートを成形する工程で使用する弾性ロール(エアロー

面接触で熱伝達 ディムコの冷却ロール

スチールベルトのディムコ、研究部の桑原です。ディムコでも新型コロナ対策として在宅勤務体制となりました。定期的な会議はTeamsというソフトウェア導入により、自宅から参加できるのが大変便利です。これなら3密が避けられます。一方、試作や実験評価といった現場作業では出社せざるを

エアロールから弾性冷却ロールについて

メタルスリーブのディムコ、営業部開発グループの竹村です。エアロールはほぼ20年前に開発されたローラーで、円筒状の金属スリーブの内径側に空気圧を保持することにより、金属ロールでありながらゴムロールの弾性を有したものとして使われました。チラーを使用しての「剛体冷却

フィルムタッチロールに応用 ディムコの低慣性ロール

スチールベルトのディムコ、研究部の桑原です。令和元年の桜も散り、風薫る若葉の季節をむかえました。皆様、爽やかな初夏の日々をお過ごしのことと思います。さて、ディムコの『低慣性ロール』につきましては展示会等で実際にご覧いただいた方もあろうかと思いますが、具体的にお客様

薄肉フィルム搬送用低慣性ロールの紹介

メタルスリーブの㈱ディムコ、開発の竹村です。新しい技術は日進月歩です。広い分野に使われている各種フィルムは技術の進歩によって、より薄肉化が進んでおります。薄肉フィルムは張力を強く掛けられないため、搬送用ローラーの慣性が大きいと、フィルムとローラーの密着性・同期性が悪く

金属弾性ロール エアロール Air Rollのご紹介

スチールベルトのディムコ、営業部の品川です。いよいよ10月も終わり、本格的な秋を感じさせる季節となりました。私もこの時期、寒い夜には暖かく、柔らかい布団が手放せない今日この頃です。さて、「柔らかい」、と言えばディムコのラインナップに「エアロール」がございますの

ディムコの金属弾性ロール、「エア弾性タイプ」エアロールの紹介

こんにちは、エアロール(金属弾性ロール)のディムコ、開発営業Gr.の富岡です。ディムコのエアロール(金属弾性ロール)は、大きく分けると「エア弾性タイプ」、「温調タイプ」、「ラバー弾性タイプ」の3種類があります。その中でも今回は、「エア弾性タイプ」について紹介致します。

新型弾性ロールの紹介

メタルスリーブのディムコ、開発の竹村です。機能性高分子フィルムはFPD関連・エネルギー関連・バリアフィルム市場など、今やその使途領域は益々拡大されております。また、それらを製造するための設備に関してもロールto ロール方式での生産が広く進められており、これらに適用するロー

動画:フィルムタッチロールに応用 ディムコの低慣性ロール

スチールベルトのディムコ、研究部の向坂です。ここ横浜も、もう桜も散り、風薫る若葉の季節をむかえました。皆様、爽やかな日々をお過ごしのことと思います。さて、たびたび紹介させていただいているディムコの『低慣性ロール』の話題になりますが、4月5日~7日に東京ビッグサイト

ディムコの低慣性ロール

スチールベルトのディムコ 研究部 向坂です。天高く馬肥ゆる季節となりました。皆様、爽やかな秋風を楽しむ日々をお過ごしのことと思います。風にちなみ、今回も『ディムコの低慣性ロール』のお話です。低慣性ロールは回転体に薄肉ニッケル電鋳スリーブを用い、この回転体を空気浮上

薄肉フィルム搬送用低慣性ロールの紹介

メタルスリーブのディムコ、開発の竹村です。新しい技術は日進月歩です。広い分野に使われている各種フィルムは技術の進歩によって、より薄肉化が進んでおります。しかし、薄肉フィルムは張力を強く掛けられないため、搬送用ローラの慣性が大きいとフィルムとローラの密着性・同期性が悪く、フ

薄肉フィルム搬送用低慣性ロールの紹介

メタルスリーブのディムコ開発の竹村です。広い分野に使われている各種フィルムは技術の進歩によって、より薄肉化が進んでおります。この製造技術として、生産ラインの中に使われている搬送用ロールの低慣性化が望まれております。ディムコでは生産ライン向け用として低慣性ロールを開発いたし

エアー浮上式低慣性ロールの紹介

メタルスリーブのディムコ、開発の竹村です。新しい技術開発は日進月歩ですが、その中でも広い分野に使われている技術として、フィルムの薄肉化があります。ディムコではその生産ラインの中で使われている、搬送用のロールを低慣性とすることに成功、エアー浮上式低慣性ロールを開発いたしまし

エアロール(金属弾性ロール)はエア圧力封入式ロールです!

スチールベルトのディムコ、技術部の杉田です。春分が過ぎ、日増しに暖かさを感じられるようになりました。日頃よりディムコ製品のお問い合わせの電話をいただきありがとうございます。本日はエアロール(金属弾性ロール)の紹介をさせていただきます。エアロールは外径部が薄

エアロール(金属弾性ロール)について

スチールベルトのディムコ、開発営業部の中田です。11月に入り朝晩はすっかり寒くなり、ここ横浜も冬の時期が近づいてきました。ディムコ独自製品であるエアロール(金属弾性ロール)は、次のような特徴があります。0.3MPa以内でエアー内圧を調整する事が出来ます。エアー

ステンレス製大径長尺スリーブ・エアロールなどの紹介

こんにちは、事業開発室の竹村です。 弊社は今年(2011年)4月、東京ビッグサイトで開かれた「高機能フィルム展」に出展参加いたしましたので、その状況とその時展示した製品について紹介いたします。 展示会は3月11日の東日本大震災後になったため、来場者数の減少が心配さ