『連続搬送で両面検査』表裏吸引・吸着搬送スチールベルトコンベヤの製作事例紹介

みなさん、こんにちは。ステンレススチールベルトのディムコ、営業部の成瀬です。今回はHPでも紹介している表裏吸引吸着コンベヤの製作事例紹介デス。上面下面吸着・吸引スチールベルトコンベヤこの見た目じゃ何が何だか、サッパリワカリマセン。あと、出荷前の仮設テス

決めた厚みにしっかり潰します!ディムコのダブルベルトプレススチールベルトコンベヤ

スチールベルトのディムコ、技術部の森田です。ディムコの装置製品の中にダブルスチールベルトヒートプレス機があります。この装置は2台のコンベヤ上下にヒータブロックが設置されていて、そのブロック間に隙間を設定して、隙間から膨らまない様に上のコンベヤブロックから下のブロックへ荷重

スチールベルトの製作はディムコにおまかせ下さい。

スチールベルトのディムコ、総務経理部の杉田です。日頃よりディムコ製品のお問い合わせの電話をいただきありがとうございます。ディムコでは精密な動力伝達、ロボットなどの駆動用、クリーンルーム内、真空装置内の搬送、食品搬送、加熱・乾燥搬送などに使用されているスチールベルトを製作し

ディムコの金属弾性ロール、「温調タイプ」エアロールの紹介

こんにちは、エアロール(金属弾性ロール)のディムコ、富岡です。ディムコの主力製品といえば、ステンレス製のスチールベルトコンベヤ・スチールベルトですが、私たちディムコ開発室では、超薄肉金属スリーブの新たな用途として樹脂フィルム・シートを成形する工程で使用する弾性ロール(エア

ダブルスチールベルトヒートプレスコンベヤ NEWデモ機お披露目間近

スチールベルトのディムコ、開発営業部の中田です。 少しずつ寒さも揺るいでくる時期、春の訪れが待ち遠しい今日このごろです。ディムコでは2台のダブルスチールベルトヒートプレスコンベヤデモ機を社内に設置し、お客様が持参したワークを加熱プレスすることで加工プロセスの検証を行っ

薄板の突き合わせ溶接技術、ディムコのスチールベルト

スチールベルトのディムコ、技術の飯田です。今回はスチールベルトやステンレススリーブを製作する上で重要な溶接についてお伝えしたいと思います。ディムコがお客様に提供しているスチールエンドレスベルトやステンレススリーブ等の良し悪しの評価の一つに溶接部の形状があります。いかに溶融

SDGsの取り組みに「スチールベルト」を広めたい

スチールベルトのディムコ、営業部の木下です。「SDGs」って何?と、何回かネットで調べたりしましたが、国連サミットで採択されてから5年近く経った今、少しずつ身近に感じられるようになってきました。持続可能な開発目標として「17の目標」がありますが、環境に関する目標が大きな割

スチールベルト 薄肉・極薄 広幅溶接

こんにちは、スチールベルトのディムコ・営業部の永谷です。スチールエンドレスベルトは、厚みを問わず「突合せ溶接」加工にてエンドレス形状に仕上げております。近年、この溶接技術を活かした『薄肉・広幅溶接』加工の仕事も増えてきました。具体的には、厚み0.1mm前後・ストローク

どうしたら脱炭素社会になる?スチールベルトとの関係

スチールベルトのディムコ、営業担当の並木です。年末に小麦粉を買いました。 ホットケーキミックスがなくても、小麦粉とベーキングパウダーがあれば作れると本に書いてあったからです。スーパーでいつもの袋を見つけたとき、少し驚きました。包装がプラスチックから紙になっていたん

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。代表取締役の松田清義でございます。旧年中は大変お世話になり、社員一同心より御礼申し上げます。日本においてもコロナ禍が収束を見せない厳しい状況下ではありますが、旧年2020年は皆様方のご理解とご支援のもとディムコは昨年7月で35周年

ディムコのスチールベルトコンベヤ 「ダブルベルトプレス実験機が熱い!」

スチールベルトのディムコ、技術部の寺尾です。ディムコには、加圧、加熱及び冷却を携え、ワークを連続搬送させるダブルベルトプレスコンベヤを実験機として保有しております。市場の様々なニーズ(ワークサイズや機能)に応えるべく、現在、ご来社実験用の装置として1号機(小型プロト機)と

来年もスチールベルトを宜しくお願い致します

スチールベルトのディムコ、総務の大和です。あと少しで新年を迎えますが、コロナに翻弄された1年でした。生活や仕事の環境も変わり、ディムコでは感染対策として在宅ワークや時差出勤、マスク着用、毎朝の検温など取り組んでおります。また、会議室に飛沫感染防止対策としてアクリル板エチケ

コロナ禍でのダブルスチールベルトヒートプレス機のオンライン試作実験・テスト

スチールベルトのディムコ、木曽川です。師走に入り、今年もあと僅か。今年はコロナ禍での一年でした。まだまだ続く感染拡大も、延期された東京オリンピックに大きく影響を及ぼしそうです。来年は世界での早期の収束を願いたいものです。このような中でも企業の研究開発は止められません。どう

高摩擦、耐摩耗シート、フリクションパッドその切り欠きの大きさ

こんにちは、技術部の山本です。今回は超薄型高摩擦フリクションパッドの切り欠きについての紹介です。ディムコで加工するフリクションパッドは、製品の大きさや加工条件にも依りますが、製作するにあたり製品に切り欠きが入る場合があります。この切り欠きの大きさが気になるお客様もいら

世界中で活躍するスチールベルト

こんにちは、海外営業部の藤岡です。コロナ禍で始まった今年も残すところあと一か月。まだまだコロナは落ち着かず、今では第三波到来とも言われておりますが、そんな中でも新たな働き方や楽しみ方が確立されるなど、つくづく人間の知恵は素晴らしいと思いました。ディムコもまた、ピンチを

ディムコは感謝の気持ちも一緒に包んでいます

 スチールベルトのディムコ、開発室の早乙女です。 冬の足音が一歩一歩近づくこの時期、何を着れば良いか迷う事もしばしば。外気と室内の気温差、そしてコロナ禍の中、例年以上に注意しなければならなくなってきました。 さて、我々ディムコが注意している事のひとつとして、お客様から

パミスの新発見 シリカ系 Pumice ChillDust

こんにちは!海外営業担当の小栗です。最近のHotな話題は、まさに世界中で注目されているアメリカの大統領選挙結果のことに違いないですが、コーヒーブレイクで、ちょっとほのぼのとしたお話しをします。記事によりますと、金の採掘会社ゴールドフィールドは、約350万オンスの金

高摩擦フリクションパッド

スチールベルトのディムコ、技術部の品川です。常日頃、ディムコにお問合せをいただくスチールベルトのお引き合いの他に、フリクションパッド(高摩擦処理)のお引き合いをいただくことがございますのでここにご紹介したいと思います。高摩擦フリクションパッドは、基材の表裏に微小な突起処理

研磨材・研磨剤・みがき材、呼び名は数多くあれど ディムコの研磨剤ヘスパミス

こんにちは、ディムコ営業部の市毛です。ディムコは高剛性、導電性、平滑性などを主な特長とするスチールベルト専門メーカーですが、実はスチールベルトの製造・販売以外に、米国アイダホ州のHess Pumice Productsのアジア販売代理店として、シリカ系研磨剤:ヘスパミスの

バキューム・吸引吸着コンベヤ、アイデア次第で面白い活用ができます

ディムコの戸塚です。今、産業界はコロナ禍や米中対立で厳しいものがありますが、新製品開発やコストダウンは永続的に進めなければならない課題の一つです。こうした中で、ディムコが提供する「バキューム・吸引吸着コンベヤ」は、有益な課題解決法の一つになるものと信じます。「バキューム・