食品搬送用ステンレスベルトコンベヤはディムコ

スチールベルトのディムコ、SSTの石川です。食品の生産ラインにおいてはベルトコンベヤがたくさん使われております。一般的には樹脂ベルトコンベヤが多いと思いますが、ディムコではいろいろな使用環境において優れた特徴を兼ね備えた食品搬送用ステンレスベルトコンベヤを提供して

ディムコは「日本の課題」に取組んでいます!(環境問題や高齢化社会対応)

ディムコの戸塚です。今年は台風15号や19号など強力な台風が立て続けに日本を襲い、甚大な被害をもたらしました。一説によれば、これは地球温暖化が原因のため、一時的なものではなく今後こうした大型で強力な台風は数多く発生するとの事です。 また一方、日本の超高齢化社会も大

面接触で熱伝達 ディムコの冷却ロール

スチールベルトのディムコ、研究部の桑原です。日本ラグビーのベスト8入り、素晴らしかったですね。にわかファンですが予選4連勝、そして対南ア戦激突の余韻に浸っています。さて今回は、ディムコの『冷却ロール』につきまして紹介させていただきます。本製品は外側が継ぎ目の無

『高機能フィルム展2019東京』でディムコはお待ちしております

スチールベルトのディムコ、営業部の築城です。朝夕の涼しさやハロウィンの飾りにみなさんも秋を感じていらっしゃることと思いますが、私は先日購入したお米の袋に「新米」のシールが貼られているのを見て実りの秋を、また新米のモチモチとした味わいに食欲の秋を実感しております。さ

高温加熱・高温加熱物搬送のことならスチールベルトコンベヤ

スチールベルトのディムコ 技術部の橋本です。今回は、ディムコの加熱スチールベルトコンベヤをご紹介します。お客様の用途は様々で、『加熱雰囲気保持』・『焼成』があり、食品に限らず『粉体乾燥』や『金属部品の加熱、軟化、熱処理』などあらゆる分野において、この加熱スチールベルト

動画:吸引・吸着搬送コンベヤで連続フィルム、金属泊の引き込み、テンション調整に

スチールベルトのディムコ、技術部の深見です。今、ディムコはお客様にご好評の吸引・吸着スチールベルトコンベヤに注力しています。搬送と聞くと物を載せて移動させるというイメージですが、吸引・吸着搬送を条件によっては下の動画のように、テンションが掛かった連続フィルム、金属

動画:スチールベルトへ耐熱、耐摩耗、高剥離性のフッ素樹脂加工

スチールベルトのディムコ、営業部の平塚です。天高く馬肥ゆる秋。皆さんいかがお過ごしでしょうか?スチールベルトへのフッ素樹脂加工サンプルの種類が増えました。フッ素樹脂加工サンプルただ色が違うだけでなく、用途によっては最適なコーティングが異なります

バリアブル印刷に最適なディムコの吸引・吸着・サクション搬送コンベヤ

スチールベルトのディムコ、開発営業部の中田です。 今年は、梅雨明けも遅く、梅雨明けしても台風が来たりで天気の悪い日が続き、夏らしいと思える日が少なく残念に思う次第でした。さて、バリアブル印刷という言葉をご存じでしょうか?バリアブル印刷とは、招待状やダイレクトメ

スチールベルトの溶接線

スチールベルトのディムコ、技術の飯田です。今回はスチールベルトの溶接線について少しお話させて頂きます。ディムコのスチールベルトに使われている装置には「レギュラーコンベヤ」「バキュームコンベヤ」「加熱コンベヤ」「新コンさん」等多種に及びますが、スチールベルトの溶接線が最

ディムコ周辺のお勧めスポット

スチールベルトのディムコ、営業部の木下です。7月21日に設立から34年目を迎えたディムコは、創業以来ずっと横浜を拠点にスチールベルト及び関連装置の設計・製造・販売、薄肉金属スリーブの設計・製造・販売、パミスの販売を行ってまいりました。先月、本社と工場(天龍精密工業)の

精密溶接パイプのディムコ

こんにちは、スチールベルトのディムコ・営業部の永谷です。スチールエンドレスベルトは、高度な溶接技術にて成り立っております。ディムコでは、素材厚み問わず、重ね合わせ溶接ではなく、「突合せ溶接」加工しています。本技術を応用して、高精度な内外径管理にて精密溶接パイプ

脱プラスチックと薄肉金属円筒体

暑中お見舞い申し上げます。スチールベルトのディムコ、営業部の並木です。今年4月の日経新聞に「P&Gなど、金属容器を再利用 日用品も脱プラ狙う」という見出しの記事がありました。液体洗剤やシャンプー・リンスの容器はほとんどがプラスチック製ですが、再生プラスチックを使用

微細パターン形状付与フィルム成型ロールの紹介

スチールベルトのディムコ、設計開発Grの竹村です。プラスチック製品のフィルム・シートの表面に微細パターン形状を付与する目的で、レプリカスリーブを装着した特殊な成型ロールの開発依頼が増えております。レプリカスリーブとはマスター金型の微細形状を忠実に複製し、安価に製作され

スチールベルト ディムコの多賀哲夫です

昭和の終わりにディムコが誕生し、平成を駆け抜け、現在新しい時代「令和」へと事業を続けさせて頂いております。7月21日より34年目になりました。応援して頂いた皆様のお蔭と思っております。誠にありがとうございます。REIWAの言葉の響きも定着しつつある昨今、「働き方改革」とか

これから迎える第34期もスチールベルトを宜しくお願いします

スチールベルトのディムコ、総務の大和です。早いもので今月ディムコは決算を迎え、7月21日より第34期目にはいります。今まで皆さまからスチールベルトをはじめ、吸引・吸着スチールベルトコンベヤ、ダブルスチールベルトヒートプレスコンベヤ等多くの引き合いをいただきました。